2011年06月20日

新幹線はやぶさ506号グランクラスに乗車しました!

昨日と今日、JR東日本パスで北東北を回ってきましたが、今回の旅行のメインは新幹線はやぶさ号のグランクラスに乗車することです。

実は東日本大震災の前にグランクラス乗車を計画していましたが、チケットが取れませんでした。
記事:はやぶさ号は上々のスタート!

連日満席なので無理かと思っていましたが、幸運なことにチケットを確保できたのです。

akiracom1971 / akiracom1971
わ〜い、グランクラスのチケットが取れたぞ!
http://p.twipple.jp/gLQb6
 at 05/20 20:17


JR東日本パスでは別料金になりますが、それは承知の上です。

震災ダイヤで普段よりも1時間余計にかかりますが、グランクラスなら楽しめるかなと思った次第です。

運が悪いことに座席は1番端でしたが、連日満席なので仕方ありません。

僕が乗車したはやぶさ506号も、新青森から大宮まで満席でした。

グランクラスの車内ですが、座席は足を悠々と伸ばすことができ、見た感じも飛行機のファーストクラスを彷彿とさせます。

グランクラス座席

設備も今の列車らしく、電源コンセントもあります。

コンセント

このブログの下書きを、僕はここで書いていました。

グランクラステーブル

今回僕が難儀したのは、このパソコンを置いていたテーブルの出し入れです。

思い切り引っ張って奥にずらすのですが、最初は戸惑いました。

さて、はやぶさ506号は新青森を定刻に出発しました。

そこで早くもドリンクサービスがあり、しかもお菓子つきです。

僕は最初、アップルジュースとアップルパイを注文しました。

リンゴジュースとアップルパイ

写真がそうですが、ANAのスーパーシートに搭乗した時のことを思い出しました。

茶菓子を食べているうちに盛岡に到着です。

盛岡を過ぎてから、和軽食を注文しました。

グランクラス和軽食と日本酒

グランクラス和軽食お品書き

この時、アテンダントさんを呼んだのですが、写真のボタンを長押ししないといけません。

パーサーコールボタン

そうすると、写真のランプが点灯します。

パーサーコールランプ

消す時もさっきのボタンの長押しです。

軽食ですが、僕が大柄なせいもあるのですが、これでは夕食にしては物足りないかなって気がします。

なお、ドリンクはフリーですが食事と茶菓子は1回しか食べられないので、気になるようでしたらあらかじめ別の食べ物を用意しておいたほうがいいかもしれません。

なお、別注文の食事は車内販売の在庫からになりますが、グランクラス専属のアテンダントさんが席まで持ってきてくれます。

サンドイッチ

昔のJR九州のつばめ号やリレーつばめ号のグリーン車を彷彿とさせます。

【KATO 10-237】 787系 (リレーつばめ)

支払いは新幹線の車内販売同様、Suicaでも可能です。

肝心の乗り心地ですが、新幹線らしい走りをしているときはモーター音が気になりましたが、減速運転区間では音も静かでした。

揺れも気になりませんでした。

食事の時にパソコンを肘掛けに置きましたが、落ちませんでした。

今回は時速300キロを体験できませんでしたが、いつもより1時間余計に乗車できたというのは貴重な体験だと僕は思っています。

時速320キロにスピードアップした際か北海道に延伸した際に、改めて乗車したいと考えています。

それまで、グランクラスのサービスを維持してほしいと願っています。
posted by akiracom1971 at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

リゾートしらかみ4号に乗車しました!

今月の11日から20日まで、JR東日本パスというのが発売され1日1万円でJR東日本全線と一部第三セクターの路線が乗り放題です。

しかも、指定席が2回利用できますが、はやぶさ号の指定席も利用できるのです!

E5系新幹線「はやぶさ」 基本3両セット

僕は今日と明日の2日間、JR東日本パスを使ってケータイ国盗り合戦の未制圧国を盗ることにしました。

その中で僕がどうしても乗車したかったのが、リゾートしらかみです。

かれこれ10年前の話になりますが、正月パスでリゾートしらかみに乗車しようとしていたのですが、荒天で五能線が運休になってしまい、泣く泣く諦めたことがありました。

それからいろいろあってリベンジの機会に恵まれませんでしたが、ついにその機会が巡ってきました。

新幹線はやて119号で新青森に到着しましたが、リゾートしらかみ4号の出発まで余裕があったので、青森まで行って青森から乗車しました。

リゾートしらかみ4号指定席

嬉しいことにこの列車、去年末に投入されたハイブリッド気動車リゾートしらかみ青池編成です!

リゾートしらかみ

リゾートしらかみ側面

座席も幅広く、指定席料金だけで乗車できるのは素晴らしいと思います。

リゾートしらかみ青池座席

2号車のボックスシートは下から板を引っ張り上げると横になれるのですが、誰かと一緒に行ったときにやりたいですね。

リゾートしらかみ青池ボックスシート

この列車、観光列車らしくイベントがあります。

イベントスペースでやりますが、僕が乗車した4号では津軽弁でお話を語ってくれました。

リゾートしらかみ青池イベントスペース

僕以外このお話を聞いていたのは、女性ばかりでした。

お話は10分くらいで終わりました。

僕が期待していたのは津軽三味線の演奏ですが、4号ではやりません。

やるのは、1・2・3号のみとのこと。

それが残念でした。

五所川原から進行方向右手に、美しい日本海の景色がずっと続きました。

乗客の皆さんは、車掌さんの車内放送で撮影の名所とか絶景と流れるたびにカメラを回していました。

僕も撮りたかったのですが、撮影機器が充電を余儀なくされてしまいました。

載せられないのが残念です。

今回は国盗りを優先したので青森から秋田まで5時間近く乗りっぱなしになりましたが、ずっと座りっぱなしじゃなく車内をいろいろ歩き回れるフリースペースがあったので、疲れませんでした。

さっき紹介したイベントスペースだけでなく、運転席の後ろにもフリースペースがあります。

リゾートしらかみ青池運転席

そこには乗車記念票があって、スタンプが押せるようになっているのです。

リゾートしらかみ乗車記念票

リゾートしらかみ乗車記念票裏

リゾートしらかみ乗車記念スタンプ

変化もあって楽しい時間が過ごせたと思っています。

また乗車するときは、沿線で途中下車して温泉に入りたいですね。
posted by akiracom1971 at 21:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

九州新幹線の新駅、新幹線単独の新駅は苦戦

九州新幹線が全線開業してから3か月経過しましたが、在来線と併設された駅は好調である反面、新幹線単独で設けられた新駅は苦戦していると朝日新聞が伝えています。



新玉名駅・新大牟田駅だったら、熊本駅じゃなく筑後船小屋駅にしろと突っ込みたくなるのはさておき、このような事態は予想された通りではないでしょうか。

新幹線の駅ができたからすぐににぎわうと思ってはいけないです。

新幹線の駅を中心にした新しい街づくりをすることに、今後は力を注ぐべきではないでしょうか。

実際、これらの駅にアクセスするのに不便だと聞いています。

新大牟田駅だと、バスの便が全然ないと鉄道ジャーナル6月号で指摘されています。

鉄道ジャーナル 2011年 06月号 [雑誌] [雑誌] / 成美堂出版 (刊)

普段から使ってもらうために、コミュニティバスを運行するといったことも検討してもいいと思います。

>速いさくらをもっと止めてほしい
今のまま、このようなことをしても、事態は改善されないと思います。

【KATO 10-491】 九州新幹線800系(つばめ) 6両セット
posted by akiracom1971 at 21:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

253系1000番台になった日光1号に乗車しました!

今日から新宿と日光・鬼怒川温泉を結ぶ直通特急に変化がありました。

JR東日本が担当する車両が、253系1000番台になったのです!

僕はこの車両を展示会で見たことがありますが、幸運にも特急券も取れたので253系1000番台になったばかりの日光1号に乗車することにしました。
記事:253系リニューアル車両を見に行きました

日光1号特急券

7時過ぎに新宿駅に到着しましたが、すでに日光1号は新宿駅に入線していました。

日光1号@新宿駅

日光1号@新宿駅出発案内

大体の雰囲気は2月の展示会で知っていましたが、改めて座ってみるとシートピッチの広さは素晴らしいです。

新宿駅では出発式でもやるのかと思っていましたが、出発式はなく普通の列車と同様の出発でした。

普通の特急列車の発車よりも人が多少多い程度です。

新宿を出発してから30分ほどで大宮駅に到着しますが、大宮駅を出発してから僕は運転台の真後ろに来ました。

何でここに来たのかというと、栗橋駅から東武日光線に入るところを見たいと思ったからです。

ここにJR東日本大宮工場の方がいました。

僕は正直に栗橋駅の連絡線の模様が見たいと言ったら、この車両は前面展望が見られるから人気あるでしょうねと理解してもらえました。

この方、スペーシアで運転席に入ったことがあるそうですが、スペーシアは前面展望は運転士しか見ることができず、自分が乗った時はどこにいるのかさっぱりわからなかったそうです。

NゲージNO.57 東武スペーシア (リニューアル) / トレーン

他にも昨日まで運転していた485系が仙台に転用される話や、彩野が廃車になることも話してくれました。

KATOラウンドハウス/10-918★/【N】485系「日光・きぬがわ」タイプ 6両セット.[4949727515007]

189系・日光号(彩野)改良品 6両セット


そういう話をしていたら栗橋駅に到着し、同業者も多くなり人が密集してきました。

ここでJR東日本の乗務員から東武鉄道の乗務員に交代します。

日光1号@栗橋駅運転席

JR東日本は3人くらい関係者がいましたが、東武鉄道は初めての営業運転のせいか運転士含めて6人くらいいました。

運転席だけでも人がいっぱいになってしまい、前面展望が見られる状況ではありませんでした。

東武鉄道に入ってから、JR東日本の大宮鉄道少年団が乗車記念品を配布してきました。

日光1号乗車記念品

パンフなどもありましたが、乗車記念表とお箸です。

さらに東武鉄道からも乗車記念表が配られました。

日光1号乗車記念品表

日光1号乗車記念品裏

上の写真が表で下が裏ですが、昨日まで走っていた485系とスペーシアの2ショットを使うあたりは、東武鉄道もいいことをやりますね。

僕は日光1号に乗車するにあたって朝食は食べてきたのですが、NREの方が記念弁当を売っていました。

千円もするので最初はいらないつもりでしたが、誘惑に負けました。

記念弁当掛け紙

485系の引退記念も兼ねていて、掛け紙は485系と253系の2ショットです。

記念弁当お品書き

中身は栃木県をイメージしていて、栃木県の食材をふんだんに使っています。

記念弁当

味ですが、牛肉は微妙ですが湯葉巻きとニジマスの甘露煮はおいしかったです。

東武日光まで2時間あっという間でしたが、東武日光駅に到着してから地元の方が出迎えてくれました。

日光1号出迎え@東武日光駅

さらに割引券の入ったクーポンとか日光のミネラルウォーターなどを配っていたのです。

日光市記念品

僕は午後に仕事が入ってしまったためとんぼ返りを余儀なくされましたが、今度はゆっくりと日光を観光したいと思っています。

最後に2時間乗ってみてシートもそんなに堅かったということはありませんでした。

この感じだったら、また乗ってみたいと思っています。

日光1号@東武日光駅
posted by akiracom1971 at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。